神様からの優待状〜お稲荷様へのプレリュード 〜

スターゲート・夜空を渡る百億の星~テディベア ルーの冒険~act.8伏見稲荷大社1

【  テディベア ルー 船岡山にて 古き大地の力を解き放つ  の巻  】

 

「  お稲荷さま・・・お稲荷大明神さま・・・。」

 

旧い木造・平屋建ての家の一室。 炎立つ ロウソクの灯の中 ・・・。

神域と俗世とを分かつ、御簾の下がった神棚の前で ふたりの男女が向かい合って正座している。

ひとりは長い銀髪を後ろに垂らした老女。

手に御幣を持ち、白い着物の上から白布に 花鳥草木の文様を 青摺りにした 小忌衣(おみごろも)を羽織っている。

もうひとりは 背広姿の 恰幅の良い 壮年の男だった。

その男は ひどく思い詰めているようだった。

よほど 追い詰められている状況なのだろう。

膝の上で強く握られた両の拳が 男の置かれた 深刻な立場を物語っていた。

いったい、この男に何が起きたのだろうか?

 

『  おお…、視える、視える…  』

…… 老女が語り始めた。

『  川に沿うて 南北に走る4本の道が視える…。

子の方角より 数えて2本目に架かる橋の袂(たもと) に ニレの大樹…。

その樹の角を 右に折れて3軒目の辻、角に道祖神の祠が在る。

この隣に建つのが、そちの家じゃな。』

「 はい、左様でございます。」

と、男は応えた。

『 そちの家から戌亥の方角に土蔵造りの屋敷があろう。丸に並び菱の家紋じゃ。』

「 ございます!」

『 そこが 罰当たりめ の家じゃ。 紙と筆を…』

「 はい、こちらに…。」

銀髪の老女は筆を取り、その屋敷の間取り図を半紙にさらさらと描いた。

『 ここじゃ!』

老女は間取り図を指し示して言った。

『 この1番北の端にある 土蔵の中、桐のタンスの裏に隠し戸棚がある。

その上から3段目のひきだし に隠されておる。』

「サカ先生、ありがとうございました。さっそく、警察と相談して 捜査してもらいます。」

男は畳に額を擦りつけて、礼を述べた。

『 うむ、盗難にあった有価証券、土地 家屋の権利書、預金通帳に印鑑証明…等々、

首尾よく出るよう、祈っておるぞ。』

「 はい、ありがとうございます。」

「 これは お稲荷大明神様への供物と サカ先生へのお礼でございます。お納めください。」

そう言って男は酒に米、味噌 , 野菜 , 砂糖 ,あずき を呈した。

『 これは これは 貴重な品々、ありがたく頂戴いたす。』

老女は返礼にと、男に心身の滋養強壮に良い、といって“ 蓬莱丸 ”の入った小袋を渡した。

老女の “ 必ず出る!” との託宣に気を取り直したのだろう。

男の顔から 先ほどまでの険しい表情は消え、安堵の笑みに変わっていた。

「 サカ先生、ありがとうございました。本日はこれで 失礼致します。」

男は深々と低頭し、辞去していった。

銀髪の老女は男の帰りを見届けると 神棚の前に下がった御簾を上げて供物を納め、稲荷の大神に感謝の念を捧げた。

『 山背の神奈備たる稲荷山に鎮まる神々・稲荷大明神、五柱の神々よ。

倉稲魂の大君様

一の峰の神狐・末廣様

二の峰の神狐・青木様

三の峰の神狐・白菊様

天竺より来たる女神・荼枳尼天様、日夜日頃の ご神恩 感謝 申しあげ候。

我、未来永劫、子子孫孫、末代に至るまで、稲荷大明神様を崇敬し奉らん。

何卒、幾久しく、我と我が子孫に 変わらぬ御加護を給わりますよう、御願い奉り申す。』

 

『  ・・・・ちゃん、』

『 ワコちゃん、もうすぐ 京都に着くよ。』

下りの新幹線の中、私を呼ぶルーの声で目が覚めた。

夢をみていた。奇妙で 生々しい、実にリアルな夢であった。

それにしても……あの銀髪の老女とは 何処かで会ったような気がするのだが…。

うーん、思い出せない。

『 さあ、この度は 今までにない大仕事になるぞ。ワコちゃん、はりきっていこうね!』

ルーは いつになくテンションが高い。

私たちは伏見稲荷の神々から7月の土用の日に催行する、宵宮祭と本宮祭のご優待を受けた。

 

先週の日曜日のことだった。

DCカードから書留が届いた。開けてみたら、中から旅行券が…。

『 おめでとう!ワコちゃん。“ふたりの京都・3泊4日の旅 ”  が 当選したんだね。

ウフフ、実はこれ、本宮祭 用に調達したんだ。』

調達した?ルーにどうやったのかと尋ねると、

『 先月、駅前でやっていたDCカードのお得意様アンケートに応募したでしょ?

あれに当選したんだよ。ちょっとだけ、ウカ様に お願いしたけどね。』と、ルー。

なるほど、これが 優待状だったというわけね、と納得した。

 

『 今回 開くスターゲートは大小含めて約60000基。今までで1番、数が多いんだ。

莫大なエナジーが必要になる。だから、ウカ様とダキニ天様が ボクたちだけじゃ 大変だろうと心配してくださった。

それでね、この度は伏見の神使・白狐たちが総出でゲートを開く お手伝いをしてくれることになったんだ。

そんなわけで、伏見稲荷から ワコちゃん付きの先駆け担当が迎えに来たんだよ。

ワコちゃんと伏見稲荷大明神様は、ある契約で結ばれている。

正確にはワコちゃんの ひいばあちゃん、 神女(のろ)のサカさんが 稲荷神の神使、女狐アコマチさんと契約したんだけどね。

ワコちゃん、さっき、サカばあちゃんと稲荷大明神様との契約のデジャヴ、見たよね。契約とは あの事だよ。』

そうか!夢に見たあの老女が 我が一族のエース、伝説の卜師、サカさんだったのね。

どうりで、親近感を覚えたはずだ。

ルーの話は、続いた。

『 今回、ワコちゃんに付いてくれるのは アコマチさんの子狐のホタルちゃん。

“ 伏見の神狐  五強のうちの一狐 ”だよ。正一位の位を持ってるんだ。強いんだぞ!』とルー。

ホタルちゃんは普段、アコマチ ママと共に三ノ峰のお社にいる。

京都人は皆、アコマチ ママを “ 白菊さん ” と呼ぶ。

そもそも、アコマチ ママは船岡山の神狐だったんだ。今は伏見と船岡山を行ったり来たりしているよ。

今日は船岡山でボクたちが来るのを待っている。ホタルちゃんといっしょにね。』

 

「 次は 京都 です。」アナウンスが流れた。

『 ワコちゃん、京都に着いたら、荷物は “手ぶらでGOサービス ”にたのんでホテルへ送ってもらって。京都に来たら、1番先に挨拶しなければならない場所があるんだ。』

「 どこに?」

『 船岡山 』

「 なぜ 船岡山なの? 」

『 これは 京都の外から来る人間が 、京の街 つまり、京の大地に受け容れてもらうための“ 決まり なんだ。

訪いの目的は船岡山の主様が発行する、神様の京都滞在許可証=通称・山城ビザをもらうこと。これがあると無しでは、状況が大きく違ってくる。

このビザを持つ者には、特別な資格が与えられる。いろいろな特典もあるしね。

1200年前、都が平安京に定められた時、船岡山は その特殊な地形と地質から平安京造営の基点となった。

船岡山を造る岩盤は 基盤岩で出来ていて、丹波山地〜金閣寺〜船岡山の建勲神社の大鳥居下〜烏丸通まで広がっている。3億6千年前からある大地なんだ。

太古の大地には強い力が宿る。陰陽五行、風水の両面から

《 船岡山は龍気みなぎる地形であり 大地の気 ほとばしり溢れ出づる 玄武の地である 》

と、卜(ぼく)された。

そして、平安京をエターナルな理想の都にする為に、当時の高僧や高名な陰陽師ら 各界のトップ・エキスパートが集合。平安京造営 第一級プロジェクトが組まれた。

彼らはあらん限りの知恵を絞り、考えつく限りの あらゆる術を都に施した。

外部から侵入する、魔の障碍(しょうがい)を防ぐために…。

先の長岡京への遷都では 失敗したからね。祟り(たたり) にあって大変だったんだって。

それで、その時に知恵者たちが 防した結界が 今も健在、機能している。

結界の中核は船岡山。

都を守護する結界は、船岡山を軸に水輪のごとく、外側に向かって張られている。

二重構造になっていて、外輪は京都盆地を囲む山々、内輪は京七口さ。』

「ルー、 もしかしたら  私たち外来者は、京の街にとって、バイキンと同じなの?私、バイキン扱いされているの?」

『 あははは!それは、違うよ。人はOK、魔はバツ!

魔はね、単独では京へ入ってこられない。そのように結界を創ったんだから。

奴ら=悪霊の正体は意思を持った電磁波。人に付いて京に入って来るんだよ。

ワコちゃん、知ってる?この世の ほとんどは、電磁波でできているんだよ。』

「… ということは、結界も?」

『 yes、魔が付いたままで 京に入るとゾワッと来る。相容れない者として、結界=電磁波が反応するのさ。』

「 時々 ゾワッとくる、アレはそういうことだったのね。」

『 だから、初めに船岡山へ行きなさい、京の大地のボス・船岡山の主に挨拶して、神様の滞在許可証・山城ビザ=京都結界フリーパスをもらっていらっしゃいって。

ボクのFacebookに ウカ様とダキニ天様からアドバイス がきたんだ。

山城ビザの特別な資格とは、神域への入場許可。ワコちゃんには無くてはならないものでしょ?』

なるほど、そうであったか!

京都滞在に必須の 神様の滞在許可証は船岡山の主様から頂くのが決まりだったのか、

それが第一に船岡山を訪う理由であったのかと私は納得した。

「 ルー、伏見稲荷の神々様方に、お気遣い 感謝いたしますと、お伝えしてね。」

『 了解!』

ルーの話では、稲荷の神使の白狐たちも、船岡山がお里だそうだ。

その昔、船岡山に住む銀針の毛の白狐の老夫婦がいた。

夫狐をオススキ、妻狐をアコマチといった。

彼らは“ 人々のお役に立ちたい ” と五匹の子狐と共に 稲荷山の神に願い出てお使いになった、という。

さすが、京都の要の船岡山!

船岡山の聖なる霊気に惹かれて、力あるものがここに集い、育つのだろう。

先人たちは正しかった!船岡山は 霊気湧きいづる凄い場所なのだと改めて思った。

 

古都、京都に着いた。

梅雨あけの京都は暑かった。

そして、人・人・人 ・・・、人の渦!

1ヶ月に及ぶ祇園祭の期間中の為か、京の街は たいへんな賑わいだ。

私とルーは人波を縫って進み、やっとの思いで “手ぶらでGO ” のカウンターに辿り着いた。手続きを済ませ、一路、紫野の船岡山へ。

私たちは京都駅からバスに乗り、大徳寺前で下車。船岡山の入口へは徒歩5分ほどの道のりだ。

・・・ 大徳寺。

その時、私のお利口な舌が、反応した。

目の前に ベリー デリーシャス、極旨の精進料理店がある!

私は生つばをゴックンと呑み込んだ。そして、ダメで もともとよ と思いルーにおねだりしてみた。

「 ルー、・・・お腹へった。」

『・・・そう。』

ルーは動じない。

「 お昼過ぎたよ〜    お腹へったよ〜

せっかく京都に来たんだもの、大徳寺 大慈院・泉仙でランチしたい!

精進鉄鉢料理が、あやめコース¥3150-が私を呼んでいる ‼︎」

『 空耳だろう。』

「 うぅぅ…、」

『 ふぅ・・・。』

ルーは大きな溜息をつき、困ったような声でいった。

『ボクの話、聞いてなかったの? 先に京都を守護する、船岡山の主にご挨拶する!

神様との約束を破ったら、どうなるか・・・。

ワコちゃん、キューちゃん(箱根の九頭龍神)のとき、学習したよね。』

そうだった!あの時の恐怖が脳裏に蘇ってきた。

あの時は どうなることかと思った。今、思い出しても冷や汗をかく。

『ワコちゃん、今回は本当に大仕事なんだ。失敗は許されない。

やるべき事を ひとつ ひとつ、正確にクリアしていこう。いっしょに やってくれるよね。』

「うん。」

私は忘れかけていた。

神様は頼る者には慈悲をかけ、優しくしてくださる。

けれど その反面、背いたり約束を破ったりする者には容赦しないという事を……。

私は 大いに反省した。

『 行こう!ワコちゃん、アコマチさんとホタルちゃんが 南峰の山頂にある、磐座で待ってるよ。』

「うん、行こう‼︎ 」

泉仙はおあずけ、楽しみは後に…そういうことになった。

 

船岡山の山頂へは 南峰の麓、船岡山公園入口から登る。約8分の登り坂だ。

緑あふれる美しい公園の中を私とルーは山頂の磐座を目指して登った。

ミズナラ、カシ、ケヤキ、ムクノキ……。

雑木林の中を涼やかな風が木々の枝を ゆらし、玄武の森を渡っていく。

森の緑が 汗をかきながら坂道を登る私たちを 夏の強い陽射しから守ってくれた。

しばらく行くと山頂が近くなったのか、急に視界がひらけた。

木々のすき間から、朱の鳥居が見える。

『 あれが建勲神社だよ。神狐たちのお社は神社下、反対側の北峰の麓だよ。帰りに寄るからね。』と、ルー。

神社の右手の階段を登ると山頂の広場に到着した。

素晴らしい展望だ!京都を囲む山々の稜線や市街地が一望できる。

広場の中央に小さな磐座があった。うっすらと陽炎が立ち登っている。

「 ここ?」

『うん、ワコちゃん、紹介するね。

今回お手伝いしてくれる、アコマチさんとホタルちゃん。』

陽炎が親子2匹の狐の形を取った。磐座の上空で、のノ字を描くようにくるくると舞い踊っている。

「 はじめまして、アコマチさん、ホタルちゃん。

ワコ です。

暑い中、お迎えありがとう。この度はいろいろとお世話になります。

どうぞ、よろしくお願いします。これは、おみやげのチキンハムです。

ルーから、好物だと聞いたので…。お社に奉納しておきます。後ほど、召し上がってね。」

『 じゃ、はじめようか。ワコちゃん、磐座の前に立って鈴を6回鳴らした後、一礼。

磐座に右手をのせて真名を言って。ボクは、左腕に抱っこね。』

私はルーの指示に 従った。私の頭上で2匹の神狐が宙に円を描いて舞い踊っている。

何も起きないけど・・・。

と思った次の瞬間、足元が大きく揺れた。

「   地震だっ!!  」

私は激しい耳鳴りに襲われた。頭はクラクラ、目はぐるぐる、足元はフラフラだ。

遊園地のアトラクションにある 急回転するコーヒーカップ、あの中で立っているようだった。

これが、結界の放つエネルギーなのか!

「ルー、立っていられないよ!」

私はルーをぎゅ〜っと抱きしめた。

『 ワコちゃん、ガンバレ!あと少し ‼︎』

「 ひぇぇぇぇ〜!!」

耳鳴りはエスカレート、ついに、ビリビリと身体中にしびれが走った。

『 ワコちゃん、しっかり!一仕事、終えた後の “ 冷えたビール ”は旨いぞ!』

ルーと冷えたビールに励まされ、私は踏ん張った。

『 あと、残り10秒切った!・・・6・5・4・3・2・1・・終了!』

ふいに揺れが止まり、身体にかかる負担が全て消えた。

「 終わったの?」

『 うん、ご苦労様。ときに、ワコちゃん、結界の洗礼を受けた感想は如何に?』と、ルー。

「・・・ツカレタ。・・・・ビール、飲ミタイ。」

『  じゃあ、泉仙に行こうか。ワコちゃんは “ あやめコース ”と生ビール、ボクはオレンジジュース、アコマチさんとホタルちゃんは絶品わらび餅と冷酒ね。皆で乾杯しよう!』

「 ところで、ルー。その 京都滞在許可証・山城ビザ=京都結界フリーパスなるものはどこにあるの?」

『 やだなー、ワコちゃんたら。さっき、身を斬って京の大地と契約を結んだじゃない。フリーパスは、ワコちゃん自身さ。』

良くがんばったね、と ルーに褒められた。

『 これで京の街のどこへ行っても皆、温かく迎え入れてくれる。なにせ、ボス公認の特別パスなんだから。しかも、ワコちゃんが貰ったのは、永久ライセンス。凄い事なんだよ。

さすが、ボクのワコちゃんだ。ボク、鼻が高いよ。』

ルーは上機嫌だった。

 

船岡山の稲荷の社にチキンハムをお供えした後、私たちは念願の泉仙へ。

庭の月見台の席を希望したら、中居さんに言われた。

「 さいぜん、いかいな地震がありましたよな。日よけ傘が倒れたせいで 粗相してしまいまして、かたずけが 未だ、なんどす。」

「大きな地震でしたね。」

「 はい、むちゃ いかいな地震どした。どしん、来ましたよな。

ニュースで聞きましたけど、この辺りは震度4やったそうどす。

何でも震源地は 丹波山地だとか…。ねぎ、どしたな。怖いことどす。」

「そうでしたか…」

あの地震、実は私たちのせいなんです、とは とても言えない。厨房の方は大丈夫でしたか?と、尋ねてみたところ、営業には触りなし、とのことだった。

「 お庭の良く見える お席をご用意致します。どうぞ、奥へ。」

中居さんは そう言って、風通しの良い縁側の席に案内してくれた。

庭の青もみじが日の光に映えて美しい。

ほどなくして、料理と飲み物が運ばれてきた。

ルーは中居さんたちに、可愛い!と大人気。お愛想を振りまいていた。

 

大徳寺・泉仙にて私とルー、神狐のアコマチさんとホタルちゃんで、

スターゲート・プロジェクトを結成!打ち入り会をした。

「  かんぱーい!!」

「 うん、旨いっ‼︎ 」

私は キンキンに冷えたビールで喉を潤し 体力を回復した。

明日は本番、宵宮の日。

よーし、体力つけて明日も1日がんばるぞ、と 精進お鉢料理をガッついた。

『ワコちゃん、見て きれいだよ。』

ふと、見やると庭に差し込む夕日に照らされて、泉水の水がキラキラと輝き、まわりの木々に水鏡 を写し出している。

天を仰ぐと夕映えの空にバラ色に染まった、柔らかい雲が 漂っていた。

「 美しい……。」

誰かが言ってた。人は美しいものに触れた時と旨いもんに出会った時、極上の幸せを感じるのだと。

『 ワコちゃん、ほら、西の空に夕星が輝いているよ。』

「 おおっ‼︎  これは吉兆!」

明日はきっと、大安と天赦日と一粒万粒日が重なる大吉日だ!

光輝く夕星が 明日の幸運を約束してくれた、そう勝手に思い込む私であった。

 

〜  つ づ く 〜

 

 

次回 act,9  伏見稲荷大社 2『 神使たちの宴・京の怪   稲荷山へ行こう!』投稿は

7月19日の予定です。

今回もエッセイにしては 長めだったけれど、最後までお付き合いしてくださってありがとう!

京都の真のパワーに触れたい 君、

京都で最大級の御利益を賜わりたい とお考えのあなたは、

京都に着いたら、まず、船岡山へ。ものすごいパワーだよ。

それから、今ひとつボクからアドバイスを。

京都の神社&仏閣は祭事の時 以外、17時以降は行かないこと。

京都のエナジーは昼と夜とでは、全く別モノ。

理由はね、京の大地の主には、昼番と夜番があって、5時と17時に交代するからさ。

じゃあね!   A  bientot !

 

from,ルー