神様のface book~結びのエース 造化三神登場~

スターゲート 夜空を渡る百億の星~テディベアルーの冒険~act.7 東京大神宮

【  テディベア ルー, 結びの真髄を知る の巻  】

古くは7月を“ 愛逢月 (めであいつき) ”といったそうだ。

来たる夏に 心浮き立つ……。7月はそんな時節だ。

今、世界は 煌めいている。

新しい季節に

新たな出逢いに

そして、新しい恋の予感に 世界中が ワクワク ドキドキ している。

天上界の熱愛カップル 織姫と彦星が 年に一度、一夜の逢瀬を楽しむのも

7月 、七夕月・・・。

神様も人も 心ときめく胸キュンの 恋の季節の到来だ。


梅雨が明けた。いよいよ、夏 本番。

涼やかな風が庭の木々の緑をゆらしている。

( いい季節だな〜。 恋がしたいな〜。)

ある日の昼下がり、私は自宅のテラスで 白ワインを片手にボサノバを聴きながら、好物のくるみパンとチーズで軽いランチを 楽しんでいた。

ルーは私の横のガーデンチェアに座り iPadをじっと見つめている。

『 よーし、完成! ワコちゃん、見て見て。ボクね、face book 造ったの。』

face book に登録をしたのではなく、造った?

「 いつの間に? 」

『 ウフフ、きのうの夜、ワコちゃんが  寝てる間に サクッとね。これで よし、完璧!』

iPad を開いてみて、と ルー。

『 ジャーン‼︎ “ facies  libro  dei ” (フェキエース リブロ デイ)神様のface book。

「 おおっ、素晴らしい!写真付きだ。凄いじゃない、ルー。」

『 これを、こうして…。』

そういって ルーは私の iPadを使って レクチャーした。

「 !?  …。」

iPadを開いた瞬間、馴染みのない象形文字や 見たこともない記号が 目に飛び込んできた。

「 ・・・これ、何語?どこの国の文字?読めないよ。何て書いてあるの?」

『 これはね、“ ヨシテ ”っていう神代文字 (かみよもじ )。ホツマ文字ともいうよ。

日乃本の 古史古伝のひとつ、ホツマツタエ に使われている文字さ。

『  ホツマツタエ  は 古事記や日本書紀よりも古い、日乃本 最古の叙情詩 だよ。

古代 大和ことばで綴られているんだ。』

「 イーリアス とか、聖書の日本版 みたいなもの? 」

『 うん。編纂は クシ ミカタマ君とオオタ タネコ君。大物主さまの一族だよ。』

「 へぇー、知らなかった。凄い、ルーって 博識!」

いつものことながら、ルーには本当に驚かされる。

『 えっへん!』

ルーは褒められて、少し 照れくさそうに笑っていった。

『それでね、 とりあえず、友達リクエストを48件、東洋圏に絞って送ってみたの。

友達承認のお返事 第一弾は、先だって伺った 大物主さまと三輪山の大神さま、

それから順に、キューちゃん(九頭龍) コックン(黒龍) ハックン(白龍)、箱根山のボス、

サクヤ姫様、ニニギ様、山彦ちゃん、少彦名様、竹生島のイチキシマ姫様と白ヘビ君、

海の弁財天・宗方美神三姉妹、京・伏見のウカ様と ダキニ天様に 神使の狐トリオ。

鞍馬と高尾の天狗様たち、スサ様クシナダ姫様ご夫妻、伊勢の天照様,豊受様,月読様。

猿田彦様にウズメ様。それから熊野三神の方々と八咫のカラスちゃん、三峯の山神様、七福神の皆さん、宇賀神様、山王様に… 』

まだまだ あるぞ と、 ルーは次々に神友(かみとも)の名を挙げ、連ねた。

『 わぉ〜!すごいぞ、ワコちゃん!』

『 あの結びのエース、東の横綱トリオ 天之御中主神様, 高御産巣日神様, 神産巣日神様  造化三神から友達リクエストがきた!大物主さまのご紹介だって。大物主さまはいつも気にかけてくださる。ありがたいね。』

ルーは さっそく、造化三神の方々へ友達承認の返信をした。

“ 造化三神の方々は どちらにいらっしゃるの? ”

ルーに尋ねようとした ちょうど その時、じょり・・・と口の中で クルミが暴れた。

「 あっ!歯のツナギが 取れたっ‼︎  うわ… 、最悪〜ぅ。早く 力丸先生に連絡を!診療の予約を取らなくちゃ…。」

『 ワーッハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ!!』

突然、ルーが大笑いした。

『 やってくれるね、造化の三神・天つ神トリオ!おかしくって涙がでちゃうよ。』と、ヒーヒーいっている。

『 ワコちゃん 、三神のボス・アメノミナカヌシ様からメッセージがきてるよ。

“ 早くおいで ”って 』

「 アメノミナカヌシ様たち 造化三神の方々はどちらに鎮座されてるの?」

飯田橋    東京大神宮  

「あ・・・・。」

ルーが大爆笑した理由が ようやっと わかった。

そのお宮は かかりつけの歯医者 N歯科大のすぐ近く、通りを2本 隔てた街中にある。

以前から ご挨拶に伺わねば…と思っていたのだが、先延ばしになっていたのであった。

“ チリリリリ〜ン ”

Cメールの着信音が鳴った。

「 力丸先生から お返事がきた。“ 急ですが 明日7月7日 9時~いかがですか?”って」

・・・これって、偶然?

『  キャ ハ  ハ  ハ  ハ  ハ・・・!!』

ルーは再び 笑い転げた。

『 さすが 結びの三神! ワコちゃん 愛されてるねぇ、神様に。』

「 ・・・うん、ウレシイ 」

ありがたいことだ、と 思いつつも、私はグラクラの歯に 辟易(へきえき)した。

恥ずかしながら 私の下の前歯、右糸切り歯〜左の糸切り歯にかけての計6本の歯は 単独で立っていられない。永年の不摂生と手入れ不足がたたって、私の歯茎は重度の歯周病に冒されてしまった。

“ レベル3の 歯槽膿漏  ”である。

「 ワコさん 抜きましょう 、下の歯を全部。」

2年前の ちょうど今頃のこと、私の下の歯は “ 死刑宣告 ” を受けた。

「 残念ですが、いずれ、あなたの下の歯は 全て抜けます。いっそのこと、下の歯を全部抜いて “ 入れ歯 ” にしませんか?今のままでは お困りでしょう?不自由で…。」と、K大先生。

 ひっ! 入れ歯!? 下の歯を全部ぬく?

ちょっと待った!いくら何でも早い。まだ、40前だというのに…。部分入れ歯ならまだしも、下の歯全部 “ 入れ歯 ”だなんて‼︎

私は顔が引きつった。入れ歯を外した時の フガフガいっている自分を想像して 絶望した。

そして、K大先生の入れ歯草案に反対、異議を唱えた。

「 先生、何とか 抜かない方法で治療をお願いできないでしょうか?」

と、恐る恐る 提案してみた。

「 では、こうしましょう。下の歯は 使い切る、ということで。その代わり、毎月一度、診せてください。」

そういうことになった。

その後、K大先生は大学の系列病院の院長に…。

今は K大先生の1番弟子、力丸先生が私の担当医だ。

力丸先生はN歯科大No.1のイケメン。若いけれど ウデはピカ一、性格は穏やかで親切 、と花マル三重のステキな先生だ。

ルックスだけじゃなく、性格もナイスだなんて!

“ 天は二物を与えず ”…というけれど、力丸先生は 例外だと思う。

せめて、 私が10才若ければ、ヨメに立候補するのに…。

良縁祈願の成就は まだまだ 先のようだ。

「 糸切り歯の箇所、 取れちゃいましたね。原因は “クルミ” ですか…。ナッツ類は滑りますからね。」

そう言って、力丸先生は 手早く処置をしてくださった。

「 力丸先生、東京大神宮は 何処にあるのでしょう?ご近所だと聞いたのですが…。」

先生はわかりやすく お宮の場所を教えてくださった。

先生、ありがとうございました、又 来月に…、と辞去の挨拶をして わたしとルーは

東京大神宮へ向かった。

 

11時少し前、私たちは ビルの谷間に鎮座する、東京大神宮 に着いた。

そのお宮は 都心でありながら 閑静な街中にある。

“ 都会の緑の庭 ”といわれ、まるで 小さな森の中にいるよう…。

境内のせせらぎが 涼げな水の音を響かせていた。盛夏の夕べには蛍が観れるそうだ。

『 わぉ〜!ドライミストだ、気持ちいい ! 』

暑いのが苦手なルーは、この場所が とても気に入ったようだ。

「ルー、お目当ての スターゲートは何処にあるの? 」

『 拝殿 中央にある。ときに ワコちゃん、手水舎でお浄めした後、門の右手に進んで。

まず初めに “ 飯富稲荷さま ”にご挨拶しよう。飯富様はこの土地の精霊だよ。』

見ると、神宮の門の右に 木の鳥居が…。

「 初めまして、飯富稲荷さま。ワコ  エストレーラ  ガイエス  エストリアスです。

本日は お招き頂き ありがとうございます。参拝させて頂きます。」

すると、サワサワと木々が風になびき、何かが社殿に向かって走っていった。

『 ワコちゃん、この飯富稲荷さまはね、造化三神への取り次ぎ役、世話役さんだよ。

覚えてる?箱根の朱の門には 時の守の翁&媼(おきな おうな)がいたでしょ?

このお稲荷様にはね、東京大神宮の門番=この地の精霊がいるの。

今、稲荷のトミィーちゃんがワコちゃんとボクの来訪を 造化三神の皆さんにお知らせに行ったんだよ。

キューちゃんたち 龍神と異って、東京大神宮に鎮まる造化三神の方々は、普段、人の近くにいないんだ。だから、三神を召喚する 取り次ぎ役の御側衆(おそばしゅう)の存在が不可欠なんだよ。

東京大神宮に参拝する時は まず始めに この土地の地霊が鎮まる、飯富稲荷のトミィーちゃんに ご挨拶するんだよ。』と、ルー。

神様に 役割分担があることは 承知していたが、呼び出しの世話役さんまで いらっしゃるとは…!

『 さあ、ワコちゃん 社殿へ行こう。造化の三柱の神様方が お待ちかねだよ。』

「 うん。」

眩しい夏の陽射しの中、私たちは社殿の前へと進んだ。

 

社殿の奥に鎮まる その神様は 、他のどの神様とも違う 特別な神様だった。

 

その尊き神の御名は  ・・・天之御中主神様 (あめのみなかぬしのかみ さま)

造化三柱の神の筆頭であらせられる。

古代、宇宙の中心とされた、北極星とその周りを回る北斗七星を神格化した存在で、宇宙の創造神、根源神であらせられる。また、導きの神であり、人の運命や方位を守護してくださる、ありがたい神様である。

因みに 仏界では “ 北辰妙見尊星王(ほくしん みょうけん そんじょうおう)”の名で親しまれている。

加えて二柱の神様=高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と 神産巣日神(かむむすひのかみ)。

タカミムスヒ様は 高天原・天つ国のフィクサー的な方。常にアマテラス様のお側におられる。

カムムスヒ様は 大物主様の相談役。

この二柱の神は生成力と生産、 再生を司る。強力な結び=産霊・産巣(ムスヒ)の お力をお持ちだ。

三柱の神々が 揃うと、究極のムスビ パワーが、発動する。

造化の三神のお力の源は 至ってシンプル。それは 不可能を可能にする、知恵と勇気と力だ。

 

私たちは拝殿の中に入り、祭壇の中央に祀られている、御神鏡の前に座った。

三柱の神の御前に額づくと、あたたかく 優しいエナジーの波が四方から押し寄せてきて、私を包んだ。心が幸福感で満たされ、とても幸せな気持ちになった。

〜   私は今迄、何を悩んでいたのだろう。大丈夫、きっと 上手くいく 〜

私の中にあった、不安や怯えといった一切の負の感情は消え、自信に満ちあふれている 自分がいた。

私の中で 新しい私が生まれた。

そして、気がつくと私はいつの間にか、微笑っていた。

造化三神の結びのお力に触れると、誰もが この幸せを 自分一人のものにせず、皆に分けてあげたい、分かち合いたい。皆と手を取り合って 何かを成し遂げたい、そう 思うのだ。

これぞ、 究極の結び、幸せ つかみ取りパワー  !

人と人とのつながりに、最も必要なもの、それは 和の心。

私はムスビのパワーの真髄を知った。

東京大神宮におわす、造化三神の方々のお力は、いつもお世話になっている 箱根様や九頭龍様、山王様のように、力強く 厳粛で猛々しい お力とは 違う。

同じ結びの神であらせられる、大好きな大物主様とも違う。

私は この度、天之御中主神様、高御産巣日神様、神産巣日神のお力に触れて、今までにない とても貴重な経験をさせて頂いた。

『  ありがとうございます!造化の三神様。今後とも、よろしくお願い申し上げます。』

私は 最後に “ 良縁祈願の成就 ”をよーくお願いして、ルーと共に拝殿を辞去、帰路についた。

 

「あっ!ルー、ごめんなさい。スターゲートはどうなったの?」

帰宅途中のバスの中で、東京大神宮にあるスターゲートのことを思いだした。

『 おかげさまで 無事、開いたよ。ワコちゃん、覚えてないの?』

「・・・うん。スターゲートは何処にあったの?」

『スターゲートは、鳥居であるとは限らないんだよ。エナジーの質の問題さ。物の大小は関係ないんだ。では、クイズです。東京大神宮に在るスターゲートは 何処にあったでしょう?』

と、ルーはいたずらっ子のように、おどけていった。

「 え〜、わからないよ。ヒントをください、ルー大明神様。」

『 小さくて  丸くて  光ってるもの  』

「・・・・・・ワカリマセン、降参!」

『 祭壇の前で座っていた時、幸せエナジーを感じたでしょ?あの時、ワコちゃん何をみてた?』

「・・・・鏡 ! もしかして、スターゲートは 御神鏡だったの?」

『 ア タ リ 〜 !』

とにかく、この度もまた、無事にお役目を果たせて よかったわね、ルー。と 私はひとりごちた。

今宵は七夕。

私は 願い事を書いた短冊をびっしり 笹の枝葉に結びつけ、1日も早く願いが叶うようにと、家中で最も高い場所・2階の屋根裏にある、物置部屋の窓に笹をくくりつけた。

できるだけ高いところ、つまり、天に近ければ近いほど織姫様と彦星様に願いが届きやすい、と聞いたからだ。

織姫様、彦星様。お二人にあやかって、私、ワコにも良き人が現れ、結ばれますように!

神々よ、“ 良縁成就  ”  何卒、よろしくお願い申し上げます、と 天の川に向かって柏手を打つ、私であった。

〜   つ  づ  く   〜

 

 

ボクの face book に京・伏見の倉稲魂様と神使の狐のトリオから、ご優待メッセージが きた。

京・伏見の稲荷山へご挨拶に行くよ 。帰りに今、話題の 御金神社 に寄ります。

次回は6月11日の予定です。

じゃあね!  See you later .

From,  ルー